2008年12月17日

心に映り行く、数多の夢、理想の燻り

雲を眺めていた
いつまで待っても晴れる様子はないのに
じっとそこから動かずに
一点を凝視

また誰かに手をひいてもらえることを
秘かに期待しながら
塞ぎ込んでしまっても
決して面影は忘れない、失わないように
笑顔も忘れないように

遠ざけては欲しがり
好いては飽き
嫌っては忘れ

そんな日を繰り返し
気付かないうちに、空も晴れているのだろう

人の心
移りゆく季節と共に
雲の隙間から射す光を瞼の裏に受けながら
絶え間なく、変わり続けている




夢の中に少女が現れた日
いつもより胸が高鳴ったのは、自身も驚嘆したものだ
posted by 管理人 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

sepia

教えて大事なもの
どこに忘れたのかさえ忘れた
でもその時は確かにあった
その事実だけは忘れない

譲れない思い
素直に打ち明けることができなくて
掴んだ裾を、振り切られてしまいそうで
泣いてしまっても追いかけた


愛しい人
大好きな人
私のたくさんの宝物
どれが一番で、どれが要らないなんて、ない
全て大事なものだった


「異端」を好み
「歪」を見つめ
我が物以外は近づけない
そんな世界を望んだ私に
明日は来なかった


愛しい人
大好きな人
私のたくさんの宝物
もう戻らないけれど、覚えてる
いつまでも色褪せたりしないで


深緑に身を委ね彷徨う
この地の果て、海が見える場所へ
posted by 管理人 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

私信n

見てないと思うからいいやという半分投げやりででも伝えなくてはいけない事だから半分真剣に。



今は何してんだろうなーとか
特に夏休み始まってからは思ってること多かった気がする。
何度もお祭というものには行ったけれど
やっぱり地元が思い出深いもんだな。

何を今さらって、いやそうだけど
なんだ釣りか、とは受け止め難く
スルーとか無視とか、そういうことはできないクマー。






何となく接点があったから、仲良くなれたんだよね。
新規乙なおれは知らないことばっかだったけど
たくさんそのセカイのこと教えてくれたりして
まだまだ自分の足りなさを知って
それがもぅ、ほんっとに、頭がパーン☆って感じで楽しかった。
何も知らないくせに、ライブまで誘ってねorz 莫迦


だから、お返しがもらえなかったとか、そんなのどうでもよかった。
あ、そう思うことが、ねw
ほんとに思ってなかった;


それでも結局裏切った。
自覚のない裏切り。
例えるなら・・・あの自分がストーカーされてるって思い込んでる人が実はストーカーしてたっていう感じ??(←ダメだよくわからんw

今まで1度も謝らなかったけど
ライブのチケットだって譲ってもらってしまってる。

どうしたらいいかわかんなくて
その時はもう裏切った自覚はもちろんあったけど

ライブは、地元の友達と3人で行きました。


ほんとに悪いことした。
ずっと重荷だったけど、気付いた時には普通に接してくれるようになってたよね。
その勢いでこれを書くまで、いやあれを見るまでこのことを忘れていましたorz
ごめんなさい。。


汚い話ばっかするけど
過去にこんな酷いことしたのは事実だし
なんというか、それもあるというか、その上で、意味不明だけど、意味不明なりに頑張って団長を選んだんだよ。
その・・・値段的に、ね。




プレゼントなんてのは気持ちであって
品物の値段とかそんなんじゃなくて。(とか言う奴に限って一番うるさいry

だから、気持ちがあればそれでいいし
例えばメールで済ましてしまっても
おれは嬉しいね。←結論



それが言いたかっただけ。




また夜遅くまでメッセとかしたいなw
あべしっ
今は課題に追われてる故厳しいけどww←

(*^ω^*)

posted by 管理人 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

非題

もう間違ってていい
俯いて悲しんでる人を放っておくことはできない
posted by 管理人 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

恋鎖

誰かの一番になること
とても大切に想い合って
あなただけの傍に居てあげるんです

美しくて儚いもの
幸福の連鎖
閃光の一瞬で落ちてく


わかってるよ、それくらい
その裏側も十分に。
理性を欠いた動物は醜い
何故こんなに怯え、逃避し続けるのか。
美しいものを美しくないと否定するのか。
目を背け、あたかも責任なんて最初からないように。
誤解と嫉妬から生まれる悪循環連鎖
ついには無関係な人のせいにしだしたよ。




なんか最近こんなことばっか考えてるなぁ
でも妄言だから全然NPだ。

さて寝よう
posted by 管理人 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

雨降りの火曜日 寝室へは行きたくない

そう、まだ夢を見ているの
いつか覚めてしまうとわかっているけれど

何度も繰り返してきた
夢の中の自分はとても人間らしくて
心地良くて
いつでも慰めてもらえた



いつからか夢と現が逆さになってしまって
わたしの世界が歪み始めた


心持ちなんて気まぐれなもの
昨日思い悩んだことは明日には忘れて違うことを思っている
そのように歪みなんていつでも元に戻せると思っていたのに


もう戻せないよ




















ほんとうは戻せないんじゃなくて
戻したくない、だけ
戻ってしまったなら、それは過酷

きっと嘆いて、苦しんで、涙を流し
傷つけ、苦しめる。
そんな世界の何が良いんだろう








って考えごとするくらい
それくらい今日のことは腹立たしかった。
すごく、ご都合主義というか酷い意味で人間らしかったですよ。
とってもね。ふふ。
要らない時には徹底的に要らないんだね。
んでも欲しい時はしつこいくらいに求めるんだね。
好きだよ、そういう人間臭いところ。
まぁ相手にはされたくないししたくないと思うけどね。
仕方ないね。
posted by 管理人 at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

もはや改竄の術もない

いつのまになったの

人を、純粋な目で見られない
無意識のうちに、濁ったフィルターを何枚も重ねている
視界が曇るわけではない、ただありのままを見ることができない

困った奴だね
頭が悪いよ



この程度は深刻
狂っているのか?
「いや、違う」
「うん、そのとおり2次元がお好き」
「あいつもよく言ってた、3次元は苦手だってね」

「・・・んで結論は?」

頭ぐちゃぐちゃ
脳内木端微塵状態
脳髄賞味期限ぎりぎり



"男なんてそう
誰かを好きになったって
それは好きなんじゃなく
誰かと付き合って
付き合った相手としかできないことをしたいだけ"



嘘を嘘で塗り固めて
逃げ道を奔走
行き止まりだ、これ以上進めない!
→"何もなかった"ことにする

醜悪極まりない
最低最悪の低俗動物
例えば人がこれらを比喩して社会のクズと呼ぶなら
人間のクズともいうべき
宇宙の塵以下の原子レベルでクズな存在
最強とんがりコーンなんて比じゃねぇ




少なくとも、おれは。
だからとてもかなしい。












気持ち悪い。

仕方ないね。


だれにもいえないひみつ
ひとつくらいあってもふしぎじゃないよね
それをしりたくてしかたがなくて
"ほうかい"するなんてわからなかったから
むりやり
こじあけた





奇妙
全部なくなる時を恐れて。

ただごとじゃないレベルである。
L5認定。
不安定指数測定不能


いつの記憶?
デジャヴって実際は初めて目にする光景。
だけどこれは確かに憶えている、場所、匂い。
そしてあなた。


なくなっちゃったのかな、かな?






嘘なんてついてないよね?

















それでも今が幸せだ。って
やはり正常でない頭である。









(死笑)
posted by 管理人 at 23:49| 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

無題

いつも俯いてばかりでごめんね
本当の気持ちとか何もわかってあげれない
そんな奴だから
かわいそうで
そう思うのが辛くて
そんな奴から離してあげたかった

支えてあげられる存在になれなくて
悔しかった
何度も頑張ろうとしたけど
結局駄目だった
ブタさん持ってった日
帰り道涙が止まらなかった
明後日の方を見る目を見てられなくて
一番聞きたかったことも答えてもらえず、誤魔化されて
悲しくて
もう、離れてあげようって思った。



できたら、もっと傍にいたかった
傍にいてもっと甘えたかった
でもそんなことは叶わないって
我慢しなくちゃいけないのに
できなくて
嘘ついて紛らわして

ごめんなさい。






元気でね。
いままでありがとう。
とっても楽しかった。

さよなら。
posted by 管理人 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

The 1000th summer

The days which are wrapped in the scene of summer and to pass gently

An encounter with the girls repeated in the sunlight

Summer continues to where as well

She is waiting in the air...


/AIR
posted by 管理人 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

ふと見つけたネタで

"「人」という字は、人が互いに支えあっているという意味だ"

などと、某方もおっしゃってますが
紙に書いてみてください、みなさん。

そうすれば気づくはずです。
互いでも何でもなく、支えてるのは右側の人だけです。
左側の人は楽してませんか?
これでは互いに支えあっているとは言いにくいですよね・・・。






しかし
この字を見て思うのは、"誰かは誰かを支え、誰かは誰かに支えられている"という何でもない普通のこと。
でも意外と人は、こういう普通の当たり前なことを忘れがちです。

今、自分はどんな境遇にいるのだろうか、誰に支えられてるのだろうか、考えてみればすぐにわかります。
その全ての人へ感謝の気持ち、忘れてはいけません。
そしていつかは、自分も誰かを支える存在になっていく。
まさに書き順通り、左の人から右の人へ。



そういう意味で、「支えあっている」のでしょうか。
なんて奥が深い字なんだ・・・
posted by 管理人 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

莫迦者の戯言

人生はゲームである。

所詮選択肢の連続にすぎないのだ。

終わり、つまりエンディングは、誰もが同じ「死」であるが、

そこに至る無数の道すじ、誰ひとりとして同じ道を辿ることはない。

生き方は無数。

最期はただ1つ。

悔いなく生きたいと思わないか。











"未来の自分のために、今の自分がある。
過去の自分があり、今の自分がある。"

















明日過去になった今日の今、


的確な選択肢を選び、フラグを取りこぼさないようにしたいね。

※ここでのフラグは、恋愛に限ったことではない。
posted by 管理人 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

wanna

思った。

気にかけて欲しいからでしょう、

意味不明なことをつづる、それはきっと。

posted by 管理人 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

withely

真っ白な景色

もの悲しい、静かな世界

鳥の声も聞こえない


いくら叫んでも

無機質な空間に

音は響かない


枯れてしまった木は

葉をつけること できないの?


一滴の水

一握りの陽の光さえも

与えられない



空も 目を閉じた
posted by 管理人 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

_

わかってる
目は汗をかかない
かいてはいけない

どんなに悲しいことを考えてしまっても
絶対絶対信じてるって何度も何度も繰り返すから



せめて嬉しいことで 流せたらいいのに
posted by 管理人 at 00:42| Comment(1) | TrackBack(1) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

last

雨が 降っている。

昨日は降らなくて本当に良かった。


恥ずかしい気持ちと、安心のため息。

空も恥ずかしそーに、雲で全部隠してたー。



遠くから聞こえる、OPPの声に助けられた。




・・・あれにはやられたね。

でも本当に嬉しかった。

shineならぬ、高鳴る気持ちを言葉にできた。

とっても
暖かかった。

これ以上何も望むことはありませんw。ってくらいに
お腹がいっぱいになれた。--





不思議だ

これが夢じゃないというんだから

しっかりと右の腕にくくりつけられている!(゚-゚ )

大切にするぜ。




ありがとう。

これからはしっかり小岩井買いこんでおくw



またねん(ω)ノ
















これにて妄想日記おわり
posted by 管理人 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

見えない未来へ突き進んでいる

ここ最近は急激に変化していて、不安定だ

昔のことを思い出しては、失敗の恐怖に怯えてる

今までのは何だったんだろう、何のためにあったんだろう??




踏み出さなかったんじゃなく、踏み出せなかった。

だって過去のように自分から踏み出せば、終わることはわかってたから。

昔からずっと失敗続き。

あたしは結局、莫迦なんだな。


自分なりだけど、最近になってようやく意味がわかったよ。


ありがとう
それと
ごめんね




だめだね、こんな顔もう見せられない。









同じことはもう繰り返さない

踏み出す勇気をください。


ずっと頑張ってきたんだから

駄目でもいい。


自ら舌を切り落としてしまわないように

堂々と、ぱわーをぶつけたい




カンカンに冷やしておこう

気づいて あたしのこと
posted by 管理人 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

Luna

今夜は晴れ。
月が綺麗だねぇーと。

ここから眺める月は、何に見えるかな?

おれにはわかんない。




同じ月を眺めてる?何が見えた?




おだんごでもつまみたい











そして明日は・・・彩冷える「ユビサキ」の発売日。

Acid Black Cherry「Black Cherry」の発売日。


学校サボってでもCD取りに行きたい。
posted by 管理人 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

sunset

空が一番美しい時間、夕焼け。
今日は曇っていて見えないんだな





また頑張れそうな気がする。

すでに色は変わりつつあるから。

もはや暑さの余韻など微塵も感じない。



ひと思いに、離れて落ちて。


振り向きもせず。




「あらたな実をつけてください。

お元気で。」









今年の夏はたくさん夢を見せてくれたね。


秋はどんな夢を見ようか。




何度も過ちを犯す
posted by 管理人 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

すごいんだ

なんて朝だ。

長い眠りから覚めたように、体が動かない!


困った、また夢を見ないと!


また眠らないと・・・



現実を生きていけない




そんな気がした。








何かが崩れた(゚д゚)
posted by 管理人 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日


頭が破裂しそう。


「頭がおかしい」


本当にいなくなりそうです。ごめんなさい。
posted by 管理人 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。